プレスリリース2022.01.25 Tue.

ビービット、台湾のMarTech企業Omniscient Cloud Technologiesを子会社化。台湾でのSaaS開発能力を獲得し、アジアNo.1のUXサービスプロバイダーを目指す

画像:左から、ビービット専務執行役員Jason Chen、Omniscient Cloud Technologies CEO高偉鈞

株式会社ビービット(本社:東京都千代田区、代表取締役:遠藤 直紀、以下ビービット)は、台湾でCDP(Customer Data Platform)とMA(Marketing Automation)を統合したツール「OmniSegment」を展開するOmniscient Cloud Technologies, Inc.(本社:台湾台北市、CEO:高偉鈞、以下Omniscient )の全株式を取得し、子会社化することを発表します。今後Omniscientは、ビービットグループの企業として、beBit Technologyへと名称変更する予定です。今回のM&Aによって、ビービットは日本に加えて台湾においてもSaaS開発能力を獲得し、アジアNo.1のUXサービスプロバイダーを目指します。

ビービットは、2000年の創業以来、「デジタル時代の本質はUX(ユーザエクスペリエンス)」であると考え、日本および中華圏のクライアント企業に対し、UXコンサルティングサービスを提供してきました。また2017年からは、UX向上に向けた企画・立案を支援するSaaSサービス「USERGRAM(ユーザグラム)」を提供しています。さらに近年は、コンサルティングとSaaSサービスを融合したソリューションを展開し、企業内におけるUXグロース業務の定着を支援しています。

Omniscientは、2015年の設立以降、台湾のEC業界を主なターゲットにして、オムニチャネルのマーケティング自動化ツール「OmniSegment」を展開しています。クライアント企業のECサイト・POS・ERP・マーケティングチャネル(メルマガ・SNSなど)などから収集された顧客属性と行動パターンのデータを独自のAIモデルで分析・可視化し、企業とユーザ間の質の高いパーソナライズドコミュニケーションを実現しています。「OmniSegment」は台湾で既に50社以上の企業にサービス提供しており、コロナ禍においても多くのクライアント企業がユーザの消費動向の変化を明確に把握し、より良いユーザ体験の実現につなげることができています。

今回の株式取得により、ビービットは台湾においてもSaaS開発能力を獲得します。今後は「OmniSegment」と「USERGRAM」の統合を進め、日本市場のみならず、アジア市場においても、UXを起点としたDX(デジタルトランスフォーメーション)の実現を強力に支援してまいります。