受付中

2021.10.19 Tue.

12:00~12:40開催

Webシフト下で紙媒体をどうする? ~DM・カタログも含めた最適なUXづくりのためのデータ分析手法

UX改善

セミナーの概要

もともとは紙媒体を中心にコミュニケーションを行ってきた企業においても、
近年はWebシフトが進み、Webチャネルの重要性が高まっています。

そんな中、

  • 一定コストがかかる紙媒体だが、今のままでいいのか、施策改善すべきか、そもそも削減すべきなのか、といった判断ができない
  • 紙とWeb、それぞれ別の部署で施策を実施しており、連携がうまくできていない

など、紙媒体も含めたトータルな顧客体験の最適化が行えないことによる
悩みを抱えている企業様が多く見受けられます。

このような状況を打破するために重要なのが、
『紙媒体を受け取ったユーザの行動』をデータをもとに可視化することです。

今回は、
「ユーザの行動データの分析により、
 紙とWeb双方を視野に入れた顧客体験を最適化する方法」

をお伝えします。

  • 日程
    2021年10月19日(火)12:00~12:40
    (セミナー日程が合わない方はこちら)
  • セミナー概要
    Webシフト下で紙媒体をどうする?
    ~DM・カタログも含めた最適なUXづくりのためのデータ分析手法

    講師:株式会社ビービット 小松 天道
  • 実施形態
    オンライン開催
    ※本セミナーはオンライン配信のみ(会場開催なし)で実施いたします。
    ※セミナー視聴URLは、お申込みいただいた方に、事前にメールにてご連絡いたします。
  • 参加費
    無料
  • 注意事項
    ※弊社からのメールを配信停止へと設定された場合、視聴URLをお届けすることができません。
    セミナーをご視聴いただくあたっては、配信停止へと設定を変更されないようご注意ください。

講演者のご紹介

株式会社ビービット
UXインテリジェンス事業部 プロモーション担当
小松 天道

東北大学理学部数学科卒業後、SEOコンサルティング会社、Webコンサルティング会社を経て株式会社ビービットへ入社。
1社目では、コンサルティング・商品開発・自社のマーケティングなど幅広い業務に従事。その後、独立してWebコンサルティングの会社を立ち上げ、複数業界のWebマーケティングの支援を実施。入社後は、USERGRAMのマーケティングに携わる。

SHARE